結婚式専門マジシャン 初見孝夫があなたのブライダルプランを大きく飛躍させます

weddingmagician

 マジシャンとブライダルマジシャンとの違い


 実を言うと、私はマジシャンではありません



マジック事務所から派遣されたマジシャンはきっとこう言うでしょう。
『私のマジックを見て頂いて大いに楽しんで下さい』

・・・み〜んなウソです

彼らの本心は
『ただ自慢したい』

残念ながらあなたの結婚式を良くしたいなんて思っているマジシャンは皆無だと思って下さい。
ご新郎、ご新婦の名前も知らない。
式の雰囲気を邪魔しないようにするのはどうすれば良いか・・・などと考えない。



他のマジシャンの場合

自分のマジックショーがやりたい

自分を引き立てるマジックしか練習していない

結婚式を盛り上げるというコンセプトが無い

時間配分が出来ない



これは実際に私が直接耳にした会話です

『30分でお願いしたいんですけど』
という御依頼に対して
『私のマジックショーは45分なので30分は無理です!』

『時間が余ってしまったので2部構成でお願い出来ますか?』
というご相談に対して
『時間外の契約はしていませんので決められた時間以外は出来ません!』


・・・これはひどいですね。



なぜ、このようなひどい対応なのか?


マジック事務所からの派遣



マジックの事務所から派遣されたマジシャンは幾らお給料を貰えるのでしょうか?
出演料金が10万円だとします。

マジシャンに渡るお金は2万円!

交通費、マジック道具の補充(マジック道具はかなり高額です)

実質貰えるお給料は1万円前後



マジシャンにとって1万円というのはチップ程度の金額です。
それくらいしか貰えなくて全力で出来るでしょうか?


業界最安値を謳っているマジック事務所もありますね
出演料金が5万

事務所が丸ごと取っちゃいます

『お前はまだ未熟だから勉強だと思え』
と言われ交通費程度のお金を貰う・・・


これで 
『あなたの結婚式を華やかに演出します』
って言っているマジシャンがいたら、それは嘘つきです。

彼らは薄給のため、パチンコ屋の営業でマジックを披露したりします。
昨日はパチンコ屋
今日はあなたの結婚式
明日はパチンコ屋

仕事の依頼があるから式場に向かうだけ!

あなたの結婚式を楽しませようという気持ちが最初からありません



自慢したい



せっかくマジックを練習したのだから、上手に披露して自慢したい
お給料も低いから自分のマジックショーの練習のつもりで結婚式で披露する
というマジシャンも多いです。
アマチュアならばともかく、プロでさえそのような気持ちのマジシャンがいるというのはとても寂しいです




ブライダルマジシャンの場合



私、初見孝夫はブライダルマジシャンであってマジシャンではありません。


私の場合は

時間配分

テーブル数や規模

どうすれば結婚式を盛り上げられるか、円滑に進められるか

列席者にお子様がいらっしゃるかどうか



これらの事に重点をおきます。

当たり前のように感じるかもしれませんが、他のマジシャンにはこの当たり前が全く備わっていません



ブライダルマジシャンになるに当たって



私、初見孝夫がブライダルコンサルティングをされている社長さんに
『結婚式とは何ぞや?』
というものを徹底的に学んでいる時に再三言われた言葉があります。


それは
『お前は道化になれ!』

この言葉でマジシャンをやめました。

『結婚式は新郎新婦がメインだ!列席者はお前のショーを見るために集まった訳ではない』

この言葉を聞かなかったら、私もその他大勢の
『自慢したいだけのマジシャン』
という位置付けで人生を終えていたと思います。




手品を披露するのが私の仕事ではありません。
あなたの結婚式を楽しい式にするお手伝いをするのが私の役目です!







お問い合わせ
hatsumi@bridalmagicjapan.com
080-5071-3021
初見孝夫(はつみたかお)まで



powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional