結婚式専門マジシャン 初見孝夫があなたのブライダルプランを大きく飛躍させます

secret of success

結婚式を成功させる方法を教えます



まずは飽きさせないこと!



『良い結婚式だったね。おめでとう』

心から
『おめでとう』
と言ってもらうには飽きさせないのが一番!

30代の方は平均4回
40代以降の方は6回以上結婚式に出ていると言われています

  • 余興はカラオケだけ
    いかにも『時間潰し』
  • 定番の挨拶、定番の乾杯、定番の余興


    予算を考えることは大切ですが、ケチるところを間違えると
    『つまらない結婚式』になります



列席者に対するあなたの役目


列席者の方々は、あなたのために

  • 大切な休日
  • お祝いのお金
    を提供して下さっていることを忘れないで下さい


楽しんで頂く

飽きさせない
だけではなく

『楽しんで頂く』ことが重要!


・・・しかし
タレントさんや歌手をお願いすると数十万円(テレビ出演者で50〜60万円以上)

しかも
ご老人に若者のお笑いは理解出来ません


歌となると年齢差やジャンルが幅広く、選択が難しいです




私は30代ですがロックやテクノなどの、現代の歌が苦手です
都々逸や歌謡曲が好きです
カラオケでの持ち歌は
美空ひばりさんの
『車屋さん』や『越後獅子の唄』

・・・私のような人間は珍しいとは思いますが、年齢差(20〜80代)が生じる結婚式で歌のチョイスというのは一番難しい余興だという事がお分かり頂けると思います



必ず感動させる

感謝の手紙は必須です

必ずご新郎様も書いて下さい

それはなぜか?

ご新婦様は嫁ぐ側なので
『今までありがとう』
という言葉が出てくるのは自然なこと

ご新郎様は・・・何も変わりません
だからこそ
『感謝の気持ち』を伝える機会はとても少ないです

絶対にご新郎も感謝の手紙を書いて下さい



あるウエディングプランナーさんが考えた『感謝の手紙』



ご新婦さんは予め感謝の手紙を用意しておきます
予定調和であっても感動しますね

しかし新郎さんが感謝の手紙を書くことは稀です
『迎え入れる側』なので両親との関係は全く変わらないのですから!

式の最中・・・
いきなり新郎さんの前に手紙とペンと机を用意
式の最中に手紙を書かせたのです

約10分

無言

最初は囃し立てていたご新郎の友人達も・・・真剣に書いている様子を見つめている

涙を流しながら
鼻水をすすりながら

会場全てが感動
働いている従業員達も感動

やっとの思いで書き上げた感謝の手紙

ご新郎は清々しい表情で読み上げました

・・・きっとこの結婚式に参加された列席者は
『良い結婚式だった』
と思われたでしょう

もう一度おさらいをします

○飽きさせない
○楽しませる
○感動させる(感謝の手紙)

これだけは絶対に忘れないで下さい

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional